なぜ知っておくべきなのか

LINEで送る
Pocket

働くうえで必要な知識は自分で学ぶべきです。

なぜなら、場合によっては必要な時に会社は

教えてくれないことがあるからです。

 

理由は色々考えられますが、

言わなくてもいざとなれば会社がサポートしてくれる。

そう思っているそこのあなた・・・甘いです。

 

会社の人事もよく知らなかった。

そんなことだってあるんです。

 

また、私は働くなら断固正社員として働くべきと感じています。

その場合、当然のように色々なものが給与から天引きされます。

社会保険料、厚生年金、所得税、介護保険。

 

年金はいずれ破綻するとか、

病院だってあまり行かないのに

バカ高い厚生年金や社会健康保険を支払うのは損だとか聞くと

強制的に徴収される正社員は確かに損なようにも思います。

 

昔、それは嫌だから派遣やアルバイトでいいとか、

年に一回あるかないかの病院代なら

全額実費で払うほうが安いといったことを聞いたこともあります。

 

でも、バカ高いものを徴収されるだけあって、

もしもの時の保証は国民年金や国民健康保険のみを納めているより

ずっと大きなものなのです。

 

ただ、少なくとも健康保険料や年金の支払いは

種類は何にしてもこの国では

義務なんです。

 

全額実費でいいから国民健康保険を払わないという

上で書いたような考えはいかがなものかと思いますが・・・。

一時の損得勘定でいくと賢い選択なのかもしれませんね。

 

それらを含めてこれから労働者が知っておくべきことをつづります。

 

よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket