付加年金

LINEで送る
Pocket

国民年金を納めている方は

付加年金

という制度を使うことができます。

 

この制度はいつやめても、

いつ開始してもかまいません。

 

市区町村の年金窓口か年金事務所で一言

「付加年金を払いたい」

「付加年金をやめたい」

と言えばいつでもそうなります。

 

付加保険料は一律400円。

国民年金第1号被保険者限定です。

 

20歳~60歳まで払い込めば、

65歳からは毎年96,000円(満額の場合)の

年金を受け取れるようになります。

この付加年金は特に老後の味方となります。

 

支払う付加保険料400円に対して、

受給時には1ヶ月の付加保険料納付期間あたり

200円の年金になるんです。

つまり、20歳から60歳まで国民年金と

付加年金に加入していたとしたら、

40年(480月)×400円=192,000円。

もらえる付加年金は、

40年(480月)×200円=96,000円(年間)。

65歳から国民年金をもらいはじめて

たった2年で元が取ます。

 

ただ、付加年金は1人当り400円しか

付加保険料を掛けられません。

でも、入って損はないはずです。

 

時々勘違いしている人がいますが、

国民年金基金の加入者

はこの制度は利用できません。

 

国民年金の法定免除、申請免除、学生免除など、

保険料の納付を免除されている人も利用できません。
 

よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket