出産育児一時金

LINEで送る
Pocket

健康保険加入者なら誰でも支給される手当てです。

子供1人に対して

42万円(場合によっては39万円)

支給されます。

子供1人に対してなので、もし双子なら

84万円(もしくは76万円)

支給されるということです。

 

住んでいる自治体や加入している健康保険によっては

付加給付がこれに追加されます。

 

夫婦二人のうち原則は妻の健康保険で請求を行いますが、

夫側の健康保険からの支給ができる場合もあります。

夫側に付加給付がある場合には

一度加入している健康保険に問い合わせてみてください。

出産手当金と併用受給できます。
 

よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket

国民健康保険

LINEで送る
Pocket

国民健康保険には社会保険のような

被扶養者の概念

はありません。

 

簡単に言えば、国民健康保険加入者は

全員、保険料を納めることになるのです。

所得がなく確実に働けない

赤ちゃんも支払います。

 

保険料は世帯で計算され、

世帯主に一括して請求があるため、

知らない人も多いようです。

国民健康保険料の算定計算式の中に

世帯人数(赤ちゃんも専業主婦も含む)

がカウントされるのです。

 

ただし、世帯人数以外に

所得

でも国民健康保険は算出されます。

 

年末の確定申告で算出する所得のことです。

各市町村によって算定方法が変わってくるため

一概にはいえませんがこの場合には、

税務上の扶養

が影響を受けます。

 

国民健康保険料納付者に

130万の壁は関係ありません

103万の壁は関係します。

103万の壁

130万の壁
 

よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket