信用取引について知りたい方はこちらをどうぞ。

LINEで送る
Pocket

為替取引でいうところの

レバレッジと同じです。

証券口座の中の証拠金をもとに、

実際の所持金以上の株を売買できます。

 

当然動かせる株数が多ければ多いほど

プラスの効果も大きくなります。

 

また、信用取引には空売りという、

株価が下がると儲かるシステムもあります。

これは証券会社から株を借りて売りにだし、

下がったところで買って証券会社に戻す本来とは逆の売買です。

 

ただし買い戻すのはいつでもいいというわけではありません。

6ヵ月以内が期限です。

普通の信用取引でも同じく期間は6ヵ月です。

 

この取引には金利が発生します。

実際に動かせる株数が多くなり、

プラスの効果が大きいと上で説明しましたが、

もしマイナスが出ればその効果も大きくなります。

 

株価の損失が大きくなり証拠金が不足すれば、

株は証券会社によって自動で決済

され、不足した金額を請求されます。

 

損失を出しやすいであろう初心者は

余裕資金の現物資金で売買した方がよい

と個人的には思いますが、判断するのはあなたです。

株の世界は自己責任なのです。

 

よければポチっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket

初心者でも信用残りは参考に

LINEで送る
Pocket

私には初心者におすすめできない投資方法が1つあります。

それが信用取引です。

信用取引について知りたい方はこちらをどうぞ。

 

ですが、信用取引残は初心者でも

少しは参考にされるべきだと思います。

 

信用取引には一部を除き、

6ヵ月以内に売買を完了させる

ルールが存在します。

初めに売ったら買う、買ったら売る。

これもルールです。

 

この信用取引の売り残りと買い残りを見るのです。

たとえば私が株を買おうと思います。

その時信用買い残りが多ければ、

状況によっては買うタイミングをうかがいます。

なぜなら信用の買い残りは

将来の売り圧力になるからです。

 

逆に信用売り残りが多ければ一安心です。

なぜなら信用売り残りは

将来の買い圧力になるからです。

 

株価は買う人間が多ければ上昇します。

信用売りしたいなら、この逆を考えます。

 

よければポチっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket