土地探し

LINEで送る
Pocket

マンション購入や中古物件の購入でなければ

土地を1から探すことになるかと思います。

私は前回と今回の2軒とも土地から購入しました。

そこで私が2軒目の土地探しで気をつけたことをアドバイスします。

 

まず1番重要視したのは水害がない場所探しです。

私の住む地域は数年に1度は台風で水害が発生します。

なのでハザードマップを参考にしました。

水害のあった地域からそれに近い場所は候補からはずしました。

他に水がつく(清、川、沼など水を連想する漢字)地域もはずし、

地域の人にも確認できそうな時は直接確認しました。

 

その次は上下水道が通っているか。

1軒目の時は浄化槽を利用していましたが、

検査や問題があった時の維持費がそれなりにかかっていたので

上下水道が通っている土地を探しました。

これなら自治体が管理しているので

修繕の負担は自分の敷地内だけです。

 

最後は土地の補強が必要かどうか。

土地を安く購入しても補強が必要な場合は

追加で費用が発生します。

購入する前なら売主が負担してくれるかもしれませんが、

地盤調査は購入後に行われます。

分譲地であれば先に購入した方に聞くことによって

ある程度知ることができますし、最近分譲した土地であるなら

ある程度の地盤対策はしていると思いますが、

必ず確認しておきましょう。

2軒分合わせて数十箇所の土地を見ましたが、

田んぼや畑を造成した宅地は不安かなと感じました。

理由としては1軒目の土地です。

地盤調査は問題なくクリアしたのですが、

部分的に強度が弱い部分があったので・・・。

上記は私が絶対にはずせない土地の項目でした。

 

この他朝昼夜と休日の周囲の状況

(1軒目は平日の昼間は気にならなかったのですが、

休日は早朝から近くの高校の部活動のかけ声が気になりました)、

子供の成長だけでなく自分の老後に対応できそうな環境か

(電車やバスなど公共機関やスーパーが近くにあるか。1

軒目の周囲にはそういったものがほとんどありませんでした。)

も確認しておくといいでしょう。

 

次は妥協できるけれど事前に確かめた方がいいと思ったこと。

それが自治会の有無。

1軒目は自治会がありませんでした。

というのも自治会が新規分譲地の加入を拒否したためです。

これはこれでゴミ当番や自治会活動がなく、ある意味便利でした。

ゴミは自治体の回収がなかったので

民間業者に委託することで解決しています。

民間業者なのでしていゴミ袋や細かい分別もありません。

唯一不思議だったのは自治会の加入は拒否しても

自治会清掃には参加しろと言ってきたことでしょうか。

(土地の不動産業者にはあらかじめ参加しなくていいと

購入前に言われていましたし、市の方に確認した際も同じ回答でした)

そういった土地柄も確認しておいた方がいいと思います。

2軒目の今は自治会加入となっているので建築前に

近隣の家と自治会長にハウスメーカーから挨拶してもらいました。

入居後の挨拶は1軒目は分譲地全て(10軒だったため)、

2軒目は両隣り、向かい、後ろ、自治会長、子供会会長です。

2軒目は自治会全体だと53軒と戸数が多かったこと、

比較的新しい分譲地だっため近隣への挨拶は上記のみにしました。

20年以上継続した自治会への加入の際には

全てに住宅に挨拶するところもあるようです。

マンションの場合は両隣り、上下の住民には最低でも

挨拶した方がいいと思います。

 

最後は土地の形ですが、これはやはり四角形の方が

デッドスペースがなくていいと思います。

しかし金額はそれ以外の土地より高かったりします。

金額的な問題がある場合、むしろ地形だけの問題なら

それを活かせるような住宅を考えた方がいいかもしれません。

ちなみに私の購入した土地は形は長方形でしたが

急な斜面で購入前は土地は若干斜めでした。

しかし斜面を削って平らにして整えた為、

建築的には問題ありません。

金額は周囲より少し安かったです。

 

家は土地から購入するとかなりの負担です。

できれば金額を抑えたいのは言うまでもありません。

直接的な土地価格の交渉だけでなく、

水道のメーター設置負担金や固定資産税の月割り負担など、

目に見えない負担金からも可能な限り交渉を試みてください。

周囲の状況によっては今後の建物建築の際の車両の駐車場代も

発生したりするのでそこも合わせて検討と交渉をしてくださいね。

 

よければポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket