建築業者選び

LINEで送る
Pocket

土地の決定より前にすすめたいのが建築業者選びです。

私の場合、初めからハウスメーカーを基準に考えていました。

安価にそこそこの家を建てること

 を重視したからです。

つまり家に特別なこだわりがないこと、

ハウスメーカーなら規格商品があり、

自由度が少ない代わりに工務店より安価に家が建てられる、

今後の補修などを考えれば長期的には

倒産の可能性が工務店より低いという点を考えたということです。

 

ちなみに私が思う工務店の利点は何よりも融通が利く、

(1軒目のハウスメーカーでは規定から外れたオプション

(ニッチを作るなど)にも追加料金が発生しました。

2軒目はシステムキッチンと浴槽のメーカーは

同じでないとダメというしばりがありました。)

直接建築する大工と話がしやすく自分の家のイメージがわく

(ハウスメーカーは営業は営業、

大工は大工といった役割が明確でまず営業に話を通します)

といった点でしょうか。

 

 

なぜ土地より前に建築業者を決めた方がいいのかというと、 

土地の価格折衝は建築業者に頼んだ方が有利だからです。

また自分で探すより希望の土地が見つかりやすくなります。

 

そして建築業者との交渉ですが融通して欲しい部分に関しては、

下見の段階でどこまで融通してもらえるか

こちらの購買意欲があることを事前に示した上で話しておきましょう。

契約後や冷やかしと思われると融通具合が変わってきます。

 

またハウスメーカーの場合は新人よりも

ベテランや部長職の営業と話してください。

その方が融通具合は大きくなりやすいです。

 

そして必ず各業者に大まかな見積をもらいましょう。

その際諸費用も必要なオプションも全て込みでと伝えてください。

私がハウスメーカーと契約前に確認しておくべきと思ったことは

内外部のアンテナやスイッチの個数、

外構(外壁やポスト、カーポート、表札など)、

設計料(工務店では数十万円ということもあります)です。

他に太陽光発電をつけた場合など考えられる費用は全て

見積もりに出してもらいましょう。

 

ハウスメーカーに限らず建築業者のコストは全ての

トータルコストで見るべきです。

トータルで見ればハウスメーカーより工務店の方が安かった

という場合も十分考えられます。

 

また、施工期間も教えてもらいましょう。

抱えている契約数、大工の数によって大きく期間が変わることがあります。

消費税増税との兼ね合いでまだまだ建築ラッシュと聞きます。

自分の思う施工期間を提示してもらえるかも大事なことです。

 

よければポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket