借り入れ可能金額と審査

LINEで送る
Pocket

私は実際に借りられる借入額と、

実生活における返済負担額は違うと思っています。

 

まず実際に借入可能な金額ですが

年収の5~7倍と言われています。

私が申し込む際に銀行の担当者から聞いた時は

年収400万以下なら5倍、400万以上で7倍と言われました。

銀行側は年収200~300万以上から相手にするようですが、

借入可能早見表やネットバンクなどの取扱い年収を見ると

300万以上が無難といったところでしょうか。

住宅総合支援センター

↑年収100万円台から細かく借入可能額を確認できます。

各個人の状況や銀行の審査基準によって借入可能金額は違うので参考程度に。

 

審査基準の主なものは下記の通りです。

年収

高いほど良いでしょう。

私は年収250万程度ですが融資を受けられました。

勤続年数

長いほど良いでしょう。

半年程度から評価されますが、おおむね3年は欲しいものです。

私は1年ちょうどでしたが融資が受けられました。

私の融資を受けた銀行では年収が400万円あれば

頭金なしでも2年程度で評価対象とすると言っていました。

労金では1年からが審査対象です。

勤務先の財務状況

株式上場していて黒字企業であるほど良いでしょう。

私は無名の中小企業でした。

個人事業主よりは会社勤めの方が有利です。

収入の安定性も大事なことです。

年齢

若いほど良いでしょう。

完済時の年齢が考慮されますが、

完済時65歳までなら問題ないと思います。

理由としては今の日本の定年はおおむね65歳だからです。

余談ですが、芸能人で年の差婚のラサール石井氏は80歳が完済時年齢らしいです。

家族構成

片親よりは夫婦である方が労働力という面で有利です。

子供が幼い場合は児童手当、児童扶養手当、

養育費なども考慮される・・・かも?

私は養育費の記載のある調停調書を提出しました。

子供が高校生くらいであれば働き手になりうるという面で

有利だと不動産屋さんに言われたことがあります。

貯蓄額

頭金0円での融資でも貯金はある方が有利です。

私は審査を3行出しましたが、3行とも貯蓄額を聞かれました。

貯金があると家計管理ができていると評価されるようです。

個人信用情報にキズがない

クレジットカードやローン、消費者金融などで

滞納があると個人信用機構を調べられた際に大きなマイナス評価です。

最短でも5年は消えないようです。

延滞通知がきてすぐに支払ったり、

1度だけのものであれば大丈夫なこともあるようです。

各銀行で調べる信用機構が違うので一概には言えません。

CIC((株)シー・アイ・シー)

全国銀行個人信用情報センター

JICC((株)日本信用情報機関)

この3つだけでも不安があれば確認しておくのもいいでしょう。

クレジットカードの保有枚数が少ない

離婚偏でも少しふれていますが、

キャッシング枠付きのクレジットカードが多いと

借りていなくてもお金を借りていると銀行は判断します。

数枚であれば問題はなく、

むしろうまくポイントなどを使って家計管理していると言えば

プラスポイントとして判断される場合もあるようです。

余談ですがローンの相談先の銀行でそれを聞き、以降の銀行では言うようにしました。

健康状態

住宅ローンを借りるには

団体信用生命保険加入を条件とした銀行がほとんどです。

体だけでなく、精神面においても健康である必要があります。

うつ病などがあると難しいケースだと言われています。

物件価値

融資を受ける条件として土地や建物に

第一抵当権を設定されます。

つまり担保にされるわけですが、

物件価値が低い場合には審査に不利になります。

 

さて、1つ注意するのは銀行側からの仮審査が通っても、

保障会社がOKしないと本審査に通らないという点です。

保障会社と銀行は別会社です。

仮審査で銀行の担当者が大丈夫と言っていても、

本審査で通らないのはこういったところにあります。

そしてこれは土地探しをしているときに聞いた話ですが、

銀行にはノルマがあります。

ノルマを達成した担当者より、

達成していない担当者の方が審査通過に意欲的です。

担当者の意欲も時として審査通過に影響すると聞きました。

また複数の銀行に仮審査を出す時の注意点として、

なるべく同時に出すこと、そして出しすぎないことです。

個人信用情報の閲覧履歴が多いと

銀行は他行への審査を出していることだけでなく、

他行で何かの理由で審査が通過しなかったのではと疑うからです。

 

よければポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket