住宅ローンとは

LINEで送る
Pocket

契約者とその家族が生活を送る

住居購入の為の費用として組むローンのことです。

中古物件でも住宅ローンの貸付はしてもらえますが、

投資用物件やセカンドハウスの購入には融資されません。

金利は主に3種類で、

固定金利、変動金利、ミックス金利があります。

 

固定金利とは一定期間金利を固定し、

期間終了後に再び金利を見直します。

変動金利と比べて金利変動がない分

期間中の金利の急な上昇はありませんが、

一般的には変動金利よりも高めに設定されています。

私が融資を受けた銀行では繰り上げ返済の際、

変動金利よりも手数料が高くなっていました。

 

変動金利とは半年毎に見直される金利のことです。

固定金利と比べて金利は安い傾向にあります。

しかし金利は本来景気に左右される為、

景気が回復すれば半年後には

金利が急上昇する可能性もあります。

場合によっては月々の返済が全額金利のみで

元本は減っていないということにもなりえます。

 

ミックス金利とは固定金利と変動金利の

両方を組み合わせた金利のことです。

2つの金利のデメリットを補う効果がある金利ですが、

景気によっては変わってきます。

 

今後景気が回復すると思ったら固定金利、

回復しないと思ったら変動金利、

どちらともいえないようならミックス金利

考えるとわかりやすいかもしれませんね。

ただし銀行で住宅ローンを借り入れた場合、

店頭金利ではなく適用金利で金利が決まります。

繰り上げ返済の際の手数料も

金利の種類や銀行によって変わってくるので、

各銀行でそれぞれシミュレーションしてもらい、

お得な金利を選択するべきだと思います。

 

住宅ローンと負の財産分与

 

よければポチッとお願いします。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

住宅ローンと負の財産分与

LINEで送る
Pocket

私のように家を購入してすぐに離婚問題が浮上する家庭は

少なからずあると思います。

住宅ローンともなると金額が大きいので

そんな場面に直面した私は頭がハゲそうなくらい悩みました。

 

住宅ローンの契約者が夫婦どちらか一方であった場合、

家の名義は契約者のみであることが多いと思います。

この場合、家の所有権は契約者(名義者)にあるため

もう一方の配偶者が権利を主張しても

契約者(名義者)が権利の主張をすれば

もう一方の配偶者のものにはなりません。

(住宅ローン完済後の住宅を慰謝料として

配偶者名義にするといったことはありえます。)

 

それと同時に住宅ローンはあくまで

銀行と契約者との間に結ばれた

契約となり契約者(名義者)個人の

財産形成のためのローンと判断されます。

ハッキリ言えば単独名義の場合は住宅ローンによる

負の財産分与は原則存在しません。

ただし代わりに負債を負わない配偶者は

権利を主張することができません。

 

また夫婦合意の下に名義変更しようとしても、

抵当権の設定により銀行側の許可が必要になります。

つまり家の名義変更=住宅ローンの契約者を変更

ということになりますが銀行側は

親族間売買を嫌います。

仮に離婚しても親族間売買とみなされるんです。

配偶者が契約者よりも収入が相当多いなどがない限り

なかなか許可してもらえません。

これは裁判でそう決定されたとしても、同じことです。

銀行と離婚裁判は関係ありません。

 

そして契約者の家族でなくなった人間が

住宅ローン返済中の家に単独で住むことも

本来は契約違反となり許されません。

銀行側はあくまで契約者とその家族が住む家に

融資しているからです。

 

以上のことをふまえて家の名義や住宅ローンの契約者は

ローンを組む前に慎重に話し合った方がよいと思います。

もちろん離婚時の状況で上記の内容は変ります。

詳しくは離婚編住宅ローンをかかえているを参考にしてください。

 

よければポチッとお願いします。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket