家の購入にまつわるエトセトラ

LINEで送る
Pocket

私が今回の件で知っておいた方がいいかなと思う

建築途中のまさかに遭遇した場合を考えてみました。

 

・ローン条項がない

土地や建物の本審査の前にはたいてい手付金を支払います。

この時契約書を取り交わすのですが、ローン条項の記載があれば

もし本審査を通過できなかった際には手付金を返してもらえます。

手付金は購入価格の1割とされています。

そうでなかったとしても10万円程度は支払うことがほとんどです。

契約書の中身はしっかり確認しておきましょう。

 

施主が建築中に死亡

めったにないことですが、建築期間は長いです。

この期間に契約者である施主が死亡するケースがなくはありません。

建築途中の場合には住宅ローン締結後の

団体信用生命保険は対象外です。

この場合遺産相続人が引き継ぐことになりますが、

全ての負債も相続することになります。

相続人に支払い能力があればよいのですが、

ない場合には放棄することになります。

これで借金はなしで一安心と思ったそこのあなた

・・・甘いです。

相続を放棄するということは借金だけでなく

現預金などの財産も放棄することになります。

こういった事態を回避するには生命保険を期間中だけでも

上乗せしてかけておくことをおすすめします。

ただし保険加入後数ヶ月しなければ保険金が出ないなど

生命保険にはデメリットもあります。

工事着工から融資実行までの期間保証してくれる

日本住宅保証検査機構が行っているつなぎ融資期間限定の

生命保険も検討してみることをおすすめします。

 

建築業者が建築中に倒産または夜逃げ

こういった詐欺かと思うような不測の事態も実は多いようです。

私はほとんどの財産をつぎこんでいたので建築中は

若干不安に感じていたことでした。

こういった事態に対応するシステムとして住宅保証機構が行っている

住宅瑕疵担保責任保険に加入している

建築業者を選ぶことも選択肢にあっていいと思います。

私の選んだハウスメーカーは加入していました。

この保険は建築中であれば完成して引渡しを行ってくれます。

完成後に補修などが必要だったが倒産していたといった場合、

補修に関する費用が保証されています。

財務状況など一定の条件をクリアした建築業者

が加入を許されますから

信用度の判断基準の1つにもなるわけです。
 

急な転勤が決まった

転勤が決まった場合でも

配偶者やその子供が住んでいれば問題ありません。

住宅ローンは契約者とその家族が住む家に融資しています。

銀行の判断にもよりますが、

転勤の期間だけ賃貸に出すことも可能です。

この場合銀行の判断が重要ですが、もともと賃貸目的ではなかったこと、

転勤などやむをえない事情によるものだということを強調して

判断をあおいでください。 

勝手な独断で行った場合は銀行から契約違反として

ローン残高一括返済を迫られることもある

ので注意してください。
 

こういうことが起こらない可能性の方が高いと思いますが、

実際起こってしまうケースを耳にしました。

転ばぬ先の杖は考えておくべきです。

 

よければポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket