4.住宅ローンをかかえている(負の財産分与)

LINEで送る
Pocket

夫婦として生活をしていれば

マイホームを持った家庭はたくさんいると思います。

離婚する際にはこの住宅ローンが引っかかりますよね。

負の財産分与というやつです。

 

負の財産分与で検索すると、

マイホームの話題がとにかく出てきますよね。

実は私も元旦那名義でマイホームを持っていたので調べました。

で、調べていくうちにふとある疑問が浮かんだんですよ。

 

その時調べていた検索内容は、

・マイホームの名義変更

・離婚した場合の家の権利

・単独名義だった場合

・離婚時の負の財産分与

だったと思います。

つまり私が何を調べたかったかというと、

単独名義者(元夫)が家の権利を主張した場合、

非名義者(私)が裁判で家の名義者となれるかどうか、

なれない場合の住宅ローン残高はどの程度負うのか、

本当に定説通り半々なのかです。

 

そうすると法律では原則お金などの

プラスの財産を半々に分けるのだから、

マイナスの財産だって半々にするのは当然だ、

といった内容ばかりが出てきます。

 

なのに家の権利者は変えられない、

少なくとも権利者が認めなければ家に関わる全ての権利は

名義者のものって解答になるんですよね。

 

・・・おかしくないですか?

ここで疑問に思った私はある意味

運がよかったんだと思います。

 

疑問に感じたポイントはここです。

→住宅ローンは残りの残額の半分を離婚時に負うのに、

権利はない。

 

連帯保証人になっていればそれもわかります。

でも単独債務者が権利を主張した場合でも

残額を半分負うのは日本の法律は平等をうたっているのに

不公平ではないだろうか。

そこで「離婚、住宅ローン、財産分与、実務」で検索しました。

ヒットです。

何がヒットしたかと言えば実務において

財産分与にマイナスは存在しないということ。

広く世間に通っている定説は

あくまで定説だったということです。

もちろんこれには制約がつくんですが・・・。

 

そもそもないものはないので

現実的にあるもの(現金や有価証券など)を

離婚の際にはわけなさいというのが実務なんです。

だからマイナスの財産なんて根本的には存在しません。

もしマイナスの財産が作用するとすれば、

住宅ローンの連帯保証人や家の名義を共同名義にしていた場合です。

そうでなければ権利者が権利を主張している間は

家は自分の物にはならない代わりに、

住宅ローンも離婚後に負うことはありません。

 

例外としては権利者が離婚するなら家を売却すると

離婚前に公言してしまった場合です。

しかしこの場合も家を実際に売却した後、

住宅ローンの残額と売却益を相殺し、

残った負債を権利者が請求した場合でなければ

マイナスは発生しません。

 

しかし請求された場合にも収入が少なかったり、

子供を育てている場合に裁判所は一括で支払えや、

半額を支払えと言った命令はおそらく出さないと思います。

もちろんこれもケース・バイ・ケースでしょうが、

離婚後に困窮する生活を更に困窮させ、

子ども共々奈落の底に突き落とすような判例は

調べた限りありませんでした。

 

では逆に連帯保証人になっていたり、

共同名義としている場合です。

連帯保証人になっている場合には、

自分の代わりに連帯保証人になってくれる相手を探すか、

見つけられなければ諦める以外の方法を

私は見つけることはできませんでした。

 

家の共同名義者である場合には

そもそも家の権利を争うことができますが、

ローンが残っていればそれも背負うことになるようです。

逆に家の権利の移行は双方納得していたとしても、

銀行が納得しなければ

住宅ローンの名義者を変更することができません。

権利の移行者に充分な収入がある場合には

銀行が認めることもあるようですが現実には

親族間売買は敬遠されやすく、

離婚後に他人となってもこれに当てはまるため

債務者の移行ができないケースが多いようです。

 

家の名義変更だけこっそりするのは可能ですが、

銀行にばれれば一括返済を迫られる覚悟は必要です。

なぜなら銀行との契約は債務者とその家族が住む家の購入に

お金を貸しているため契約違反となるからです。

裁判で慰謝料の代わりに

住宅の権利者を配偶者にするとした判例は見つけましたが、

ローンのない住宅でした。

 

負の財産分与の実務については離婚時に私が調べたもので、

現在の実務とは違うかもしれません。

住宅ローンともなれば大きなお金が絡みます。

一度弁護士に直接相談されることを心からおすすめします。

法律問題・法律相談はこちら

よければポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket