子供たちへ

LINEで送る
Pocket

<初めに>

このページだけは、

子供しか見られないようにできないかと思ったんですが、

色々な可能性を考えると

誰にでも見られるような状態がベストだと思い、

そのまま投稿しています。 

<本文>

日記の第一回目はやっぱり子供たちへ。

私が今も、これからも心から伝えたい本当の相手は

 

あんたたちしかいない。

 

でも、今これを見ているということは

私がそばにいないということだと思う。

 

そのことについては、悪かったとしか言えない。

謝ってすむことでもないけど、ごめん。

 

今、あんた達がどんな成長をしたのか

想像もできない・・・けど、

生きてくれているだけで私は良かったと思ってる。

 

ありがとう。

 

これからあんた達には今までにない、

大変なことが起こるかもしれない。

つらいこと、悲しいこと、途方にくれてしまうこと・・・

人生何が起こるかわからない。

 

だけど生きていれば、

喜び、充実感、楽しいと思えることには絶対出会えると思う。

私があんた達に出会ったように。

 

ただ、あんた達の時代はある意味、

生きにくい世の中だろうと感じてる。

経済面から精神面まで、厳しいと思う。

 

だって、

増税や保険料の負担もこれから増えていくし、

老後の先行きも不安定。

年金?何、それ・・・てな時代かもしれない。

就職しても一生雇用される保証はないかも。

 

経済的な不安定さは

人間関係の不安定も招きかねない。

誰かと外食しようとしても、ガマンしているかも。

この人だと思う女性に会っても、

経済的な理由から別れてしまうかもしれない。

子供が欲しいと思っても、

そうした事情であきらめることだってあるかもしれない。

 

私が今感じていることは、

世の中お金だけじゃないけれど、生きる上でお金は必要。

そしてお金に良い、悪いはなく、

使う人によって良くも悪くもなってしまう。

何よりも、お金に使われる人生は苦痛を伴う。

 

昔の私はそうだった。

でも私は今、以前より精神的な豊かさを手にしている。

経済的にも以前よりはそれに近づいていると思ってる。

 

私はね、

今、あんた達を残してどんな死に方をしても、

 

後悔はない。

 

そういう生き方をしているから。

このホームページも含めて、

今やれることを一つ一つやってるから。

もちろん、まだ幼いあんた達への心残りは相当あるけれど、

後悔とは違う。

 

自分の中身を磨きなさい。

そしてたくさんの人に会いなさい。

それから、他人の書いた本やブログを読みなさい。

そうしていれば、

自分を成長させてくれる人間関係にもめぐまれる。

一つ一つの人との出会いを大事になさい。

そして自分にしっかりと投資をして、それを実行して。

一日一日を丁寧に、後悔なく過ごして。

他人にも、自分にも誠実でいなさい。

他人も自分も愛せる自分になって。

明日の自分が今日の自分を笑う。

そんな生き方だけはするな。

自分の人生を、自分で選んで生きていける力をつけて。

いつか自分の思う豊かさを、

自分の子供や孫に教えてあげられるように。

いつか自分が豊かになったと思える、

心穏やかな日を信じなさい。

 

あんた達の人生が、後悔のない、

経済的・精神的な豊かさに充ちたものでありますように。

自分を豊かにさせる手段に

このホームページが役にたてばと思ってる。

 

そして、覚えておいて。

あんた達は母親に愛されて育った子供なんだって。

 

最後に・・・当然だけど、

 

愛してるよ。

LINEで送る
Pocket

私が有料でホームページを作ろうと思ったわけ~Part2

LINEで送る
Pocket

ネットサーフィンで、

たくさんのホームページやブログを読みました。

副業によって多くの収入を得ている人たちの過去も、

書いてあるものは読みました。

 

初めは自分のモチベーションアップが目的です。

しかし、ある時ふと思ったんです。

 

ホームページなら、

私がいなくなっても伝えられる。

私が直接教えなくても、作ればいい。

子供が自分で学べる環境を。

 

そうしてこれまでの無料サーバーから、

有料サーバーへと方向転換。

 

なぜ、有料のホームページにしようとしたのか?

 

理由は簡単です。

有料なら、サーバー元の都合で

突然ホームページが消える

なんてことはありません。

これが一番大きな理由でした。

 

無料であれば、

そのサイトスペースは提供されているだけですから、

ホームページが消えても文句は言えません。

 

かといって、

有料だからこその

料金の支払い問題

があります。

 

でも、今使っている独自ドメインである

ムームードメイン

10年まで先払いできました。

 

また、レンタルサーバーである

ロリポップ!

先払いは3年までですが、

おさいぽ!

そして

自動更新手続き

により何年先でもひとまず安泰です。

 

会社が潰れて他のレンタルサーバーへの移行勧告

なんてことになれば別でしょうが。

 

よければポチっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket

私が有料でホームページを作ろうと思ったわけ~Part1

LINEで送る
Pocket

私がそう思ったのは、

 

子供たちに何がのこせるか

 

を考えていたからです。

といっても、

ここまでくるのには長い道のりでした。

1人で育てていくことが真実味を帯び始めてからなので、

もう5年以上前から結論を探していたことになります。

 

自分に何かあっても、

 

子供が困らないようにお金や家を残そう。

 

そんな思いから離婚が決まった時、

自分名義での家を買うことにしました。

私が死亡した際には住宅ローンはなくなり、

子供の物になります。

子供が住む場所を失う心配はありません。

 

生命保険もかけました。

そこでふと、思ったんです。

 

私が死んだら、誰が財産を管理するの?

 

とにかく調べました。

ネットサーフィンはフル稼働。

 

何年も調べました。

今もそうです。

なぜそんなことをするのか・・・

託せる人間はいないのか・・・。

 

そう、いないんです。

 

もちろん離婚する際、

私に何かあれば

子供たちを引き取り育ててくれる人間は確保しています。

私の両親です。

子供たちの精神的な部分はサポートしてくれるでしょう。

生活なら私の保険金で面倒見てくれると思います。

 

でも、託すのとは違うんです。

 

私は彼らに子供たちが奨学金なしで、

大学に通わせる財力があるとは思っていません。

私の生命保険にも、

生活のために手をつけてしまうと思っています。

 

子供のことで、ではなく

彼ら自身が起因した何かのアクシデントがあれば、

 

私の残す財産は食いつぶされる。

 

残念ながら、私はそう判断しています。

 

実際、これから両親は年金暮らし。

父は自営業で母は専業主婦の時もあったため、

老後の収入は不安定。

2年前まで私と年が離れた妹が学校に通っていたので、

彼らの貯蓄はほとんどない。

母の昔からの口ぐせは、

わが家の家計は自転車操業・・・

 

ここだけの話、

私や私の祖母がお金を貸したりしながらの自転車操業です。

若かった頃はこの言葉を聞くたび、

しばき倒したくなる衝動にかられました(苦笑)。

 

他の兄弟とは違って欲しい物を我慢して、

貯めたお金を貸して、

貸すためにまた貯めていました。

 

何度も家計管理の甘さを指摘しましたが、

結局治りませんでした。

そして今は、

80代で病院に継続的に通う私の祖母が同居しています。

 

私は、両親に子供を託したいとは思っていません。

両親以外に育ててくれそうな人がいないだけです。

 

良い人たちではあるんですよ。

そういう人がいるだけありがたいと思ってもいます。

 

ただ、子育てにおいて私は

きれい事だけでは育てられないと思っています。

とにかくお金がかかります。

家計が経済的に困る状況になれば、

子供にしわよせがきます。

 

そして、私の両親が子供を引き取れば

私の子供がその打撃を受ける可能性は十分にある。

 

だからこそ、それを打開する方法を考え続けました。

ここ2ヶ月前までずっと。

 

仕方ないことだからあきらめたら?

 

と言われたこともあります。

 

でも、あきらめきれるわけないんです。

 

私が背負ってきたことは、今なら受け入れられます。

タイムスリップしても、

今の自分を構成する要素の大きな材料ですから、

回避はしないでしょう。

 

だけど・・・

あんな重荷を自分の子供に経験させたいとは

死んでも思えない。

そう思いながら少し前までは

副収入や資産管理など、

お金の話ができる年まで早く成長して欲しい。

と本気で願っていました。

 

よければポチっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket